必見!マッチングアプリPairs(ペアーズ)の攻略法!~アプローチ・LINE編

ペアーズ攻略-top

マサキくん

うーん・・・
ねぇ、まいちゃん。
マッチングした後に相手が どんなアプローチをしてきたら、
「会いたい。」って思う?


マイちゃん

そうですね・・・
私なら自分の好きなことを 楽しそうに聞いてくれるヒトと会ってみたいって思うかなぁ・・・。
またお友達のことで悩んでいるんですか?


マサキくん

そうなんだよ!
実は僕の友達が初めてマッチングに成功したんだけど・・・
それから実際に会うためにはどうしたらいいか分からないみたいでさ。
アプローチの仕方を教えてくれー!」って相談してきたんだ。


マイちゃん

なるほど・・・じゃぁさっそく手ほどきしてもらいましょうか。


マサキくん

そうだね!
僕も今後の参考にしたいし。
一緒に呼ぼうか・・・せーのっ!


マイちゃん・マサキくん

はるかさーん!!


はるか

はーい!
こんばんは。
春恋らぼ編集部のはるかです。

春恋らぼの理念はこちら

「マッチングはしたけど、会う約束をするのが難しい・・・・。」

「どうアプローチすれば相手は会ってくれるんだろう?」

マッチングして喜んでいるのも束の間。
実際に会いたいけどPairs(ペアーズ)でやり取りするだけで終わってしまう・・・なんて人もいるのでは?

マッチング後のファーストコンタクトはとっても重要!!

そこで今回のお話は、 ファーストコンタクトにつなげるためのアプローチについて。
後半では LINEテクニックについてもお話しします^^

それでは参りましょう!

女性の期待を超えるアプローチをしよう!

女性はこれからあなたと出会うことに大きな“期待”を抱いています。

はるか

女性は自己紹介文や画像を見て、あなたと会うまで大好きな妄想で期待値を上げている状態なんですね。

なのでその膨らんだ期待感を超えるような出会いが必要!

期待値を下げてしまうと、いわゆる“期待外れ”になってしまうので、1回目に会えたとしても2回目に会えない・・・なんてことになることも(^^;

アプローチの時点で

  • プロフィールや画像を盛っている
  • 演じたキャラクターにしている

・・・と、女性は違和感を覚えます。

そうなってしまうと会える確率が下がってしまうし、女性が感じている期待を超えることはできません。

きちんと自己紹介文を書いて、プロフィールと画像もしっかり入れる。

さらにあなたの素の状態でメッセージを入れることが、会う事につながりやすい期待値を下げない秘訣。

そしてここからが頑張りどころ!

女性の期待値を超えるアプローチをしましょう。

では女性の期待値を超えるアプローチとは、どういうものなのでしょうか?

それは・・・

想定外の質問や会話のネタで盛り上がること。

はるか

女性の一番の興味って自分自身のことなんですよね。

相手のプロフィールをリサーチして、メッセージの中から、“話題にしてほしいポイント”を見つけてアプローチしましょう。

つまり・・・

  • 話題=自分から提供する→×
  • 話題=相手のプロフィールの中から見つける→◎

・・・ということ。

しっかりリサーチしてからファーストメッセージを送ると、そのあとの流れがスムーズになります。

はるか

最初のアプローチはあなたの第一印象が決定するので、スムーズなスタートはとても重要なんですよ。

プロフィールを全部読んでチェックするのに、時間はそんなにかかりません。
必ずチェックしておきましょう^^

“共鳴”と“期待”で女性にアプローチしよう

女性とマッチングした時にこちらからアプローチしていく場合は、女性のプロフィールから“話題にしてほしいポイント”をネタにしましょう。

マッチングアプリ・出会い

ネタにできるプロフィールの項目は・・・

  • ニックネーム
  • 学歴
  • 職業
  • 性格・タイプ
  • 社交性
  • 同居人
  • 休日
  • お酒
  • タバコ
  • 好きなこと・趣味

です。

アプローチは

の2つの方法があります。

1つずつ説明していきますね^^

共鳴

相手の興味や関心をネタにする アプローチ です。

「相手が話題にしてほしいネタはどれか。」

「自分が過去に経験したことなど、相手と共感できるところはないか。」

女性のプロフィールの中から、先ほどお話しした ネタにできる項目をチェックします。

「話題にしてほしい!」
「聞いてほしい!」
と女性が言っているようなポイントを探していきましょう。

とくに好きなこと・趣味はネタが豊富!

“天然”
“変わり者”
“アニメ好き”
・・・など自分の特徴を表すキーワードを探すのがポイントです。

はるか

「友達いわく、変わり者だそうです。」
「自覚はないのですが、よく周りに天然と言われます。」
などプロフィールの最後の方に書いていることを話題にしてあげると◎

共鳴のアプローチは・・・
女性の好きなこと話題にしてほしいポイントの2つを中心にネタにしていきます。

すると「私が聞いてほしいところを見つけてくれた!」という感じで、女性のテンションは最初から高くなるんですね^^

マイちゃん

相手が話題にしてほしいところを、どれだけ見つけてあげるかがカギになりますね。

項目別のプロフィールでアプローチの例を紹介するので、参考にしてみてください^^

ニックネーム

「なんでこのニックネームにしたの?」
「いいニックネームないかな?良かったらつけてほしいな」など

学歴

「友達が同じ学校に行ってたんだ。」
「〇〇先生知ってるよ!」など

職業

「僕も昔バイトしてたけど、飲食店って大変だよね。」
「好きなことを仕事にできるのって幸せだよね。」など

飲食店で働く女性

性格・タイプ

「たくさんありすぎて選ぶのにかなり時間がかかったよ。」
「自分を見つめなおす機会ができてちょっと楽しかった。」など

社交性

「僕も人と話すの苦手だけど、やっぱりいろいろ話聞いたり話したりするのは楽しいよね。」など

同居人

1人の場合:「インテリアはシンプルなのが好き?」など

2人の場合:「同居って楽しそう。ちょっと羨ましいな。」「友達と住んでるの?」など

休日

意外と平日休みの女性が多い。
「休みの日は何してるの?」
「僕も平日休みだけど、友達と約束しにくくて困っちゃうよね。」など

お酒

お酒トークを使いましょう。

  1. 「お酒は飲める?」
  2. 「お酒は何が好き?」
  3. 「どれくらい飲むの?」

お酒を飲みながら休日を過ごす

タバコ

女性の喫煙率は少ない。
吸う場合は「どこの銘柄吸ってるの?」など

好きなこと・趣味

例:アニメ好きなら・・・「〇〇って人気あるよね。僕もよく観るよ。」
「ちょっと気になってたんだ。どんな話なの?」など

期待

相手の困り事を解決したり、知りたいことを教えてあげるアプローチ です。

たとえば・・・

「〇〇のCDがほしいけど、どこにも売ってないの。」
→「僕持ってるから貸してあげるよ。」

「最近、運動不足だからジムに行こうと思って探してるの。」
→「友達が『ここ、いいよ!』って勧めてくれたところがあるんだ。」

などなど、女性の困ったこと自分ができること・知ってることをマッチングするだけ。

これだけで、女性にとって大きなメリットになるんです。

はるか

「今度の日曜日に貸してあげるよ。」
「良かったら一緒に行こうよ。」
など、実際に会うときの理由にもできますよね。

身近なLINEで関係性を深めよう!

Pairs(ペアーズ)で連絡するよりも親近感が出やすいLINE

より親近感をUPするために、正当な理由をつけて LINE交換をしてみましょう。

「君がせっかくくれたメッセージに返事できないと困るから、良かったらLINEで話しませんか?IDを送るので、気が向いたら登録してください。」

「LINEだと君からの連絡をすぐチェックできるから、LINE交換しませんか?IDを送るから気が向いたら登録してください。」

など大義名分をつけて、思い切って一気にあなたのIDまで送ってしまいましょう。

はるか

ポイントは相手のことを前提とした理由で誘うこと。
ストレートに「LINEで話しませんか?」と言うより、女性の警戒心が解けてLINEの交換がしやすくなります。

無事LINEの交換ができたら、相手のLINEネームや画像・タイムラインをチェック

「LINEの画像、可愛くていいね。」

「僕タイムライン使わないから、使い方を教えてほしいな。」

などなど・・・スタートダッシュの話題にして、少しずつ相手との距離を縮めていきましょう。

LINEでの会話を盛り上げる2つの要素

「せっかくLINE交換したんだから、もっと会話を盛り上げたい!」

と思っている人も多いと思います。

スマートフォンでLINE

LINE上で会話を盛り上げるためには・・・

  1. 女性のゴールにベクトルを向ける
  2. 共感を呼んで聞き上手になる

この2つがポイントとなってきます。

1つずつ説明するとともに、『実践ではどうすればいいか?』を紹介していきますね。

女性のゴールにベクトルを向ける

「自分を知ってほしい」
「自分アピールしたい」
ということが、女性が話したい話のゴール。

女性が話したいことを聞いてあげ、 寄り添っていくように会話することが重要なんです。

しかしよくありがちなのが、自分の話ばかりアピールしたり自慢してしまうこと。

これは自分にベクトルを向けてしまっているんですね。
自分に自信がないとどうしてもやってしまうヒトが多いんです(^^;

でも自分に自信がないことは、女性とのコミュニケーションには全然関係がありません。
女性自身が話したいことや聞いてほしいことを見てあげましょう。

自分の心配ばかりしていると相手を見れない→話すことがないなんてことになってしまいます。

はるか

『自分ならどう聞かれた嬉しいか?』ということを冷静に考えてみてください。

  • いつも相手メインで物事を受け止め、考えて行動する
  • LINEでも会話は相手のゴールを一緒に目指す“共同作業”と思う
  • 細かいところばかりに捕らわれず、いつも全体を見る

実践ではこの3つをポイントにしてみてください。

  1. 相手が視点の相手スタート。
  2. 主役とメインは 相手
  3. そして 相手のゴールを目指す。

そういったコミュケーションは“一体感”を生み、さらにその“一体感”は "愛情を"呼んでくれます。

共感を呼んで聞き上手になる

“聞き上手”と聞くと、質問攻めして相手のことを聞いていく・・・と思っている方もいると思います。

でも聞き上手=質問攻めするではないんです!

“聞き上手”というのは相手が言いたいこと・聞いてほしいことを引き出すこと

女性にとって、会話やLINEでの結論は重要ではありません。

あなたからすると『どうでもいい。』と思ってしまうやりとりでも、感情を共有しあいたいんですね。

「自分もそう思う。」
「似ているところがあるかも。」
と共感してもらいたいんです。

はるか

あなたが“感情を共有できて、共感してくれるヒト”だと思うと、女性との距離は自然と縮まっていきます。

人は共感すると自分のことを話してくる性質を持っています。

マイちゃん

つまり共感することで、質問攻めしなくても女性からいろいろな話をしてくれる・・・ということですね。

実践でのポイントは・・・

  • 自分の過去のエピソードを語って共感してもらう
  • そのとき・その場で感じたことを素直に伝えて同意を求める

「なんとなく。」
「そんな感じがする。」
と論理的に説明できなくてもOK。

大事なのは感情をつなげて、あなたが“共感している”と女性に伝わることですから^^

女性と楽しく盛り上がるためのLINEテクニック13選

LINEをするときも、相手主体のコミュニケーションを 24時間365日意識してください。

常にやっていないことは急にできませんよね(^^;

実際に会うときもLINEでも、いつも女性メインのコミュケーションを取れるように習慣化しちゃいましょう!

そして大事なのが女性の温度にあった会話をすること。

はるか

たとえば名前を呼ぶとき。
〇〇さん→〇〇ちゃん→〇〇
というように順番が大事です。

女性と楽しく盛り上がるためのLINEテクニックを紹介していきますね^^

テクニックは全部で 13

  1. アプローチ
  2. 感情を表す言葉やスタンプを使う
  3. 話題は【過去と現在】
  4. 女性が使った言葉や言い回しを使う
  5. シンプルな会話を心がける
  6. 会話の流れを考えて返信する
  7. 相手のいいところを素直に伝える
  8. LINEを送るタイミング
  9. LINEを送るときは一呼吸
  10. できるだけ“自由に答えられる”質問をする
  11. 相手から返信がなくてもしつこく送らない
  12. 目的のないメッセージを3日に1回くらい送る
  13. 女性からの質問の返し方

1つずつ説明していきますね^^

1.アプローチ

LINE交換ができたら、
「LINE交換してくれてありがとうございます。」
など、まずはLINE交換してくれたことにお礼を言いましょう。

スマートフォンでアプローチ

感謝の言葉はことあるごとに伝えるのが大事です!

そのあとにニックネームなど、気になったところを少し突っ込んでみましょう。

たとえば
「翔子ってしょこたんの翔子?僕も“神”とか“ギガ”とか使わせてもらってます。
トゥットゥルー♪とつい言ってしまうこともあるよ・・・」

など、クスっと笑えるようなことを話せるとより◎

2.感情を表す言葉やスタンプを使う

LINEのような文章のやり取りは、どうしても感情がバッサリ切り落とされてしまいます。

なので
「嬉しい」
「楽しい」
「がっかりした」
「びっくりした」
・・・など、感情を言葉で表現すると女性の心に響くんです。

でも「感情表現は苦手だ。」って人もいますよね(^^;

そんな時は スタンプの出番。

送るだけで感情を共有できるので、感情表現が苦手なヒトにとってスタンプは女性との距離を縮めるためのまさに救世主!

はるか

喜怒哀楽がはっきりわかるスタンプを選ぶのがポイントですよ。

3.話題は【過去と現在】

女性は生理周期でホルモンバランスが変わるため、今日と明日の気分がまったく違う!なんてことが普通にあります。

だから未来より過去~現在に注意が向かいがち。
そのため女性との距離を縮めたいときは、過去や現在のことを質問していくと効果的なんです。

共通点を見つけて自分の経験も話したりするとGood!

女性に「私と似たところがある。」と感じてもらえ、信頼感にもつながっていきます。

4.女性が使った言葉や言い回しを使う

「あなたの話をしっかり聞いています。」
ということを伝えるために、女性が言ったことを復唱しましょう。

たとえば・・・

マイちゃん

昨日から公開してる〇〇っていう映画を観に行ってきたんだけど、すごくおもしろかったよ!


マサキくん

〇〇観に行ってきたの?いいなぁ・・・。
僕もずっと気になってたんだ!

という感じに復唱してみてください。
復唱してみることで、相手への質問も意外に浮かんできますよ^^

また女性が話したことの最後の部分をくり返してリアクションすると、親密さもUP!

5.シンプルな会話を心がける

女性との距離をグッと縮めたいなら、シンプルな文章で短いメッセージを送ることが大事。

マイちゃん

まだお互いをよく知っている仲じゃないのに、長々とメッセージが来たら、読むのも返信も面倒と感じちゃいますね・・・

長文のメッセージは、結果的に既読スルーになってしまうことも(>_<)

せっかくLINE交換したのに、それは絶対に避けたいですよね。
短文のやり取りをサクサク行って、 既読スルー対策をしましょう。

例文を紹介するので、良かったら参考にしてくださいね^^

~例文1~

LINEのトーク見本1

~例文2~

LINEのトーク見本2

6.会話の流れを考えて返信する

「今まで何を話したかな。」

「最近はどんな話をしたかな。」

などなど履歴を見たりして、急に会話の流れを変えない ように気をつけましょう。

7.相手のいいところを素直に伝える

「すごくいいな。」
「よく思いつくね。」
など、相手の“いいな”と思ったところをしっかりと伝えること。

言葉にするだけで 女性との関係性が違ってくるんです。

信頼して手を差し伸べる

とくに感謝の言葉は思っている以上に効果があります。

「時間を作ってくれてありがとう。」
「教えてくれてありがとう。」
など、感謝の言葉も忘れないようにしましょう。

8.LINEを送るタイミング

LINEを送るとき、相手が「今何してるかな?」と考えたこと、ありますか?

あなたも忙しい時間帯にLINEがきたら、すぐに返事できなかったり、そっけなく返してしまうときがあると思います。

女性だって同じです。

女性の状況を考えて、思いやりをもって送ることで“既読スルー”“返事がこない”を防ぐことができるんですね。

マイちゃん

仕事終わりの電車の中で「今日もお疲れ様。」って来たら嬉しい♪
お風呂に入った後ならゆっくりLINEをする余裕もできますよね。

またメッセージを送る際に、少し焦らすというテクニックがWeb上などで紹介されています。
でもこれはあくまであなたに好意を持っている女性に対して。

まだ何の関係もない状態でこのテクを実行すると、“めんどくさい男”というレッテルを貼られてしまいます。

最悪「このヒト何者だと思ってるんだろう。」と思われて終わってしまう可能性も・・・。

LINEに気づいたら、できる時でいいので

  • 内容に不備がないか
  • 誤解させない内容になっているか

をしっかりチェックして送りましょう。

以下のことを女性に合わせるとよりGood。

  • 返信のペースを女性のペースに合わせる
  • 女性が写真を送ってきたら、あなたも写真を送る
  • 女性がスタンプや顔文字をよく使うなら、あなたも使うようにする

はるか

女性に合わせると「波長が合うね。」ということを伝えることができ、親近感を持ってもらえますよ。

9.LINEを送る時は一呼吸

LINEは削除機能がありますが『削除した』という記録は女性のところに残ってしまいます。

LINEの返事は焦らさずに送るのが基本ですが、ミスが致命傷になってしまうときも(^^;

メッセージを送る前にトイレに行く
・・・などほかのことを5分くらいしてから、もう一度内容を確認して送るようにしましょう。

一呼吸置くことで、“ハイテンションすぎる返事をする”などのミスを事前に防ぐことができます。

メッセージの内容も、あなたをアピールするための話題ではなく、どんなメッセージを送れば女性が楽しいと思えるかを考えましょう。

10.できるだけ“自由に答えられる”質問をする

『Yes』か『No』で答えられる質問ばかりだと、話すことがなくなってしまいます。

最悪、女性の返事が素っ気なくなってくることも・・・(^^;

なのでできるだけ、質問は自由に答えられるものにしていきましょう。

たとえば・・・

マサキくん

出身地、京都なんだ!
街並みも趣があっていいよね。
観光スポットもたくさんあるけど、お気に入りの場所はあるの?


マイちゃん

そうだなぁ・・・
〇〇とかはよく行くよ!


マサキくん

そうなんだね!
なんでよく行くの?

というように、連想ゲームのように話を掘り下げていくと、女性も楽しく答えられますよ^^

11.相手から返信がなくてもしつこく送らない

気になっている女性から返事がきたら嬉しいですよね。

しかし相手から返信がないからと、繰り返しメッセージを送るのはNG
返事もしていないのに次々とLINEがくると、返すのが面倒になってしまいます。

結果、会う事もなくメッセージ交換さえも終わってしまう・・・なんてことになりかねません。

はるか

返事の要求はしないこと。
送るにしても最大2回までにしておきましょう。

12.目的のないメッセージを3日に1回くらい送る

男性にとっては意味のないと思う会話。

しかし女性は目的のないやり取りから、 感情を共有して共感することで相手を身近に感じていきます。

つまりあなたが感情を共有できる相手だと女性に認識させることができれば、距離はどんどん縮まっていくんです。

実践するなら3日に1回くらいで◎

スマートフォンでメッセージを送る

「おはようございます!今日は良い天気だね!!」
など、ふと思ったことでもいいので送ってみましょう。

「雨上がりに虹が出ていました。」
と写真を一緒に送ってみるのもGoodですよ^^

13.女性からの質問の返し方

女性からの質問のメール。

あなたはどう返しますか?

マジメにその質問に答えを返すかな・・・と思っているあなた!
実は女性が求めているのは質問への回答ではないんです。

女性からの質問がきたら 同じ質問を返してあげましょう。

「今週末は何か予定あるの?」と相手が聞いてきたら・・・

「土曜日は友達と釣りに行くんだけど、〇〇さんは予定あるの?」と返す。
長々と丁寧に返す必要はありません。

ポイントは質問返し

「ショッピングに行こうかと思ってる。」
と女性が言ってきたら
「じゃぁ日曜日空いてるから一緒に行かない?ちょうど新しい服がほしいと思ってたんだ。」
と誘うこともできます。

はるか

女性からの質問は質問返しを待っているときなんです。


以上の13のテクニックを身につけて、女性との会話を楽しみましょう!

マサキくん

わかりました!

それと、楽しく会話するなら敬語を直したいけど、タイミングがわからないときがあるんですけど・・・

LINEで会話

LINEし始めてすぐにタメ口にするのは「馴れ慣れしいヒトだな。」
と思われる可能性が高いのでやめておきましょう。

相手が敬語をしなくなってきたら自分もやめてみる

実際に会ってから「敬語やめない?」と言うようにする。

というタイミングで敬語を直すのが、一番問題なく相手との距離を縮めることができますよ^^

まとめ

いかがでしたか?
アプローチやLINEの悩みを少しでも解決できたなら嬉しいです。

総まとめすると・・・

アプローチ

  1. 想定外の質問や会話で、女性の期待値を超える
  2. 相手のプロフィールの中から話題にしてほしいポイントを見つける
  3. 女性が困っていることは自分ができることとマッチングさせる
  4. LINE交換は大義名分をつけてIDまで一気に送る
  5. 女性自身が話したいこと・聞いてほしいことにベクトルを向ける
  6. あなたが『共感している』ということを女性に伝える

LINE

  1. アプローチはまず感謝から
  2. 感情を表す言葉やスタンプを使う
  3. 話題は過去と現在が効果的
  4. 女性が使った言葉や言い回しを使う
  5. シンプルな会話を心がける
  6. 会話の流れを考えて返信する
  7. 相手のいいところを素直に伝える
  8. 返信は女性のペースに合わせて気が付いたときに送る
  9. LINEを送るときは一呼吸おいてから
  10. できるだけ“自由に答えられる”質問をする
  11. 相手から返信がなくてもしつこく送らない
  12. 目的のないメッセージを3日に1回くらい送る
  13. 女性からの質問は質問返しする

今回の内容も盛りだくさんでしたが、最後まで読んでくれてありがとうございます^^

1つでも多くポイントを身につけて、女性との会話をたくさん楽しんでくださいね。

以上、春恋らぼ編集部のはるかでした。
頑張るあなたがステキな時間を送れますように・・・^^

 

pairs3

この記事を書いた人

YUKIE31様
YUKIE31様