大学生に伝えたい!5つの恋愛スキルを上げると女性にモテるだけでなく、就活もビジネスも上手くいく訳

大学生に伝えたい!5つの恋愛スキルを上げると女性にモテるだけでなく、就活もビジネスも上手くいく訳
「恋愛経験が就活に役立つんですか?」

「就活が決まらない理由はモテないから?」

「就活は恋愛と似ている…と言われます。要は相手を口説くために、どんな手を使ってでも(合法手段)アプローチすること?」

突然ですが、あなたは学生時代、好きな人や恋人がいましたか?
実は大学生のうちに、まったく恋愛経験を持たないまま過ごしている人が意外と多いんです。

はるか

おはようございます!春恋らぼ編集部のはるかです。


私は、はるもてブログでずっと男性向けの恋愛教材をレビューしながら、多くの男性の恋愛相談と向き合ってきました。

春恋らぼの理念…詳しくはこちら

この間、読者さんからはるか宛に一通の質問メールが届きました。

就活セミナーに行ったら、恋愛と就活は似ているから、合コンとかも行ったほうがいいと言われたんです。

でも僕は恋愛経験もないし、合コンさえ行ったことがないんです。
そもそも、恋愛と就活が似ているっていうこともよくわからない。

大学生になったら彼女が欲しいと思っていたけど、付き合うところまではいけないんです・・・略

はるか

そう!
この読者さんが言うように、本当の意味で恋愛スキルを上げることは女性にモテるだけでなく、実は就活にもビジネスにも、いいコトづくめ。
一挙両得なのよ^^

マサキくん

オレも就活セミナーで言われました。
彼女がいた時期もあるけど、その後、何度か続けて合コン行きましたよ!

「別に恋人はできなかったら、いなくても問題ないしなぁ。」

「就活で必要なことをすればそれでいいんじゃないの?」

この記事をご覧になっている学生さんの中には、こんな風に思っている方もいるのではないでしょうか?

ですが、今のうちに恋愛を通してコミュニケーションスキルを上げておくことは、就活のときに大いにあなたを助けてくれるはずです。

「女性と会話をするのが苦手だ。」

リアルな恋愛より、アニメなどの2次元の方が傷つかないし楽しい」

などの理由で恋愛を遠ざけて過ごしていると
「恋愛経験も積んでおけばよかった…」
と後から悔やむことになるかもしれません。

…といっても“恋愛≒就活”とだけ言われてもなかなかピンときませんよね(^^;
そこで今回の記事は“恋愛≒就活”についてお話していきます。

モテる男がもつ極上の恋愛スキル6つは、就活でもビジネスでも最強の武器

“恋愛≒就活”とは、昔からよく言われています。
簡単にいうと“モテる人は就活にも有利になれる”ということ。

「なんで就活に有利になるんだろう?」

そう疑問に思った方もいると思います。
実はモテる人がもつ高レベルな恋愛スキルが、就活やビジネスにも役に立っているんです!

モテる人がもつ恋愛スキルとは…
  1. ファッションなどで外見力をUPしている
  2. 自己分析をしっかりしているため、好きな女性のタイプを分かっている
  3. 相手の女性がどんな性格か、よく観察できる
  4. 自分の魅力を自己紹介などで最大限にアピールすることができる
  5. 相手を楽しませ、心を動かす話術をもっている
  6. 話し上手で聞き上手(コミュケーション力が高い)

この恋愛スキルが高いほど、モテる度合いも高くなっているといっても過言ではないかと思います。
そしてこの“モテる人がもつ高レベルな恋愛スキル”が、就活の流れとよく似ているんです。

就活は基本的には、

事前準備
↓↓↓
自己分析
↓↓↓
企業の分析
↓↓↓
エントリーシート
↓↓↓
グループディスカッションや面接

…といった流れ。

この流れをモテる男がもつ恋愛スキルに当てはめてみると…
  • 自身の外見力UP=事前準備
  • どんなタイプの女性が好き?=自己分析
  • 相手の女性はどんなタイプ?=企業の分析
  • マッチングアプリ でいう、プロフィール=エントリーシート
  • 合コンやデートで相手を口説く=グループディスカッション・面接

といった感じです。
そして恋愛に大事なコミュニケーションスキルも、就活には必要不可欠。
恋愛も就活も熱意が伝わらないことには、相手の心を動かせません。

どちらも“熱意を持って取り組む”というところも似ていますよね^^

モテる人が就活で有利になれる5つのワケ

ここまで読んでいただいた方の中で
「就活は期限が決まっているけど、恋愛は好きな時にすればいい…っていう違いがあるよね。」
と思っている方もいると思います。

たしかに就活は期限が決まっていますよね。
だけど“恋愛≒就活”というのは、“恋愛と就活の形骸化した部分を言っている”のではないんです。

言いたいのは、就活も恋愛も、 相手は感情をもった“人”であるということ。

就活は相手が企業といっても、面接官はヒトです。
面接官と向き合うとき、まるでお見合いのように見えませんか?

就活は自由恋愛&お見合いと言ったほうがいいかもしれませんね。

だからこそ!

就活において コミュニケーションスキルや、 恋愛をはじめ、さまざまな経験をしている人間としての面白さは大事で、これを持つ人のほうが有利なんです。

そこで次は、就活に活かせる恋愛スキルをご紹介!


  1. 恋愛でも大切な第一印象
  2. コミュニケーション力
  3. メール力
  4. 合コンなどに慣れている
  5. “ただマジメ”なだけじゃない

この5つのポイントを1つずつ話していきますね^^

1.恋愛でも大切な第一印象

就活でもビジネスでも、とくに営業などは 第一印象が大事

「人間、外見より中身でしょ。」

と思っている方も中にはいるのでは?
ここでちょっと想像してみてくださいね。

あなたは今、道に迷っています。
ヒトに尋ねないと、目的地にたどり着けない状態。
さてあなたは、次のうちどちらに声をかけますか?

A.子供とニコニコ笑いながら歩いている男性
B.ヤクザ風の格好をした強面の男性

大半の人が“A”の男性に声をかけるのではないでしょうか?

強面の男性だって、話してみれば気さくでとても優しい方かもしれません。
でもそれは、仲良くなってみないと分からないこと。

優しそうな人が近くにいるのに、一目見て「怖そうな人」にわざわざ話しかける人はそうそういないですよね。
たしかに性格の良し悪しも大事です。

でも「話しかけよう」「話を聞いてみよう」と思われるような第一印象を与えないことには、就活でもビジネスでも、もちろん恋愛でも次のステップには進めません。

話を聞いてもらえなければ、商品や自分をアピールすることすらできませんよね(^^;

外見力を上げることは内面を磨くことと同じくらい重要なんです。

2.コミュニケーション力

恋愛上手な人は、相手が喜んでくれる言動を想像するスキルが高いので、就活やビジネスにも有利になります。

就活の面接

そもそもコミュニケーション力が高い人は "人たらし"
"たらし"という単語を聞くと“女たらし”などであまり良いイメージは湧かないかもしれません。

しかし歴史上の人物〔坂本龍馬〕 は、時々 "人たらし" と表現されます。

そのコミュニケーション術で幕末の有力者たちを巻き込み、歴史的な交渉を成し遂げるという偉業を達成しました。

そう、"人たらし"の人は、相手を見抜く力も持っている…ということ。
相手が言いたいこと、求めている答えを理解できるヒトが "人たらし"なんです。
だから就活では、その企業が求める人材像を理解できる。

つまり・・・

  • 面接官が望んでいる答えがわかる
  • 面接官の言いたいことを理解できる

…ということなんですね^^
面接官の質問を的確に理解し、望んでいることを答えられれば、有利になることは間違いありません。

またビジネスでも人間関係がうまくいくため、仕事も円滑に進められます。

とくに営業マンは有利!

実はこの春恋らぼと姉妹サイトの[はるもてブログ]でも紹介している、ナンパ教材講師は、"ビジネスマン時代に営業成績がとても高かった"という実績もあるくらいなんです。

またコミュニケーション力が高い人は、内面的な強さを持っていて誰にでも優しい人が多いんです。
恋愛経験をたくさんしている分、失敗も多く経験している人が多いため、就活でうまくいかないことがあっても切り替えが早い。

ビジネスではただ調子がいいだけだと軽く見られてしまうこともありますが、コミュニケーション力が高いと、頼りにされたり信頼されるんです。

3.メールやLINEも役立つ!

平安時代、簡単に会えない恋人たちは和歌で自分の想いを伝えていました。
短い言葉の中に想いを託す。

気持ちを言葉にして相手に伝えるってなかなか難しいですよね。
だからこそ和歌が詠めることは、美男子の絶対条件だったそうです。

それは、SNSなどでやり取りをするのが主流となった今の時代も変わりません。
メールやSNSでだって相手と楽しくやりたいもの。
分かりやすく、そして伝わりやすいメールの方が、読みやすいし返しやすいですよね^^

就活やビジネスでは、大抵の場合テンプレートがあれば済むかもしれません。
ですが、応用力を試されたときに、他人が読んでもわかりやすいメールをかけるんです。

4.合コン慣れが重要な訳

"合コン"と聞くと・・・

  • 恋人候補を見つけるため
  • 新しい出会いを求めている

…などのイメージが湧いてきませんか?
たしかに合コンは、新しい出会いがあり、うまくいけば恋人を作ることができます。

でも 合コンはただ"恋人候補を見つけることができる場"だけでなく、"コミュニケーション力を養える場所"でもあるんです!

合コンで身につくスキルは全部で5つ

  1. 自己紹介に慣れることができる
  2. 複数人での会話に慣れることができる
  3. 声を張って話すことができるようになる
  4. 全体を見渡す力が身につく
  5. 仕切るのが上手になる

この5つのスキルが就活やビジネスでどう活躍するのか…1つずつ説明しますね^^

1.合コンに自己紹介は必須…自己紹介になれることができる

合コンでは大半以上の人が初対面です。
そこでまずは自己紹介からスタートするのが一般的。

合コン

合コンに慣れている人は、合コンをしてきた分だけ自己紹介をしています。
自己紹介の数をこなしていると度胸もつきますし、自分の魅力をより理解でき、長所短所を上手に伝えることができるようになります。

また、就活で大事なエントリーシートを書くときも、上手に自分の魅力を書くことができるということなんですね。

2.合コンは複数人での会話に慣れることができる…とっておきの場

合コンは“1対1”でのやり取りではなく“複数人”集まってするので、気軽にできるというのも魅力の1つ。
複数人で会話することに慣れていると、就活ではグループディスカッションを上手くこなすことに活かせます。

また聞き上手にもなれるので、自分ばかり話しすぎることもなくなりますし、分かりやすく話すのも得意になるのでビジネスにも役に立ちます。

3.にぎやかな場所で行う合コン…声を張って話すことも必要

「自分の中では声を張って話していたつもりだったけど、実際は相手に全然聞こえていなかった。」
なんて経験ありませんか?

人前で話す経験が少ないと、“どのくらいの声の大きさで話すといいのか”感覚がわからないため、声を張って話しているつもりでも、小さい声になってしまうことが・・・。

合コンの場所などは居酒屋など、にぎやかな場所が多かったり、広いテーブルを囲んで行いますよね。
そのためどのくらいの音量で話せば、一番遠い席の人にまで聞こえるかが分かってきます。

就活の受け答えだけでなく、ビジネスでのプレゼンにも困らなくなるので、声の大きさの感覚も身につくのはありがたいですよね^^

4.複数人だからこそ…全体を見渡す力が身につく

合コンに慣れてくると、全体を見回したり、口説きたい女性の気持ちを察することができるようになります。

就活では1対1の面接だけなく、複数人で行う面接もあります。

そのときに全体を見渡すことができると、他の就活生のことも冷静に見ることができますし、失敗しても次はどうすれば挽回できるか先読みをすることも可能に。

ビジネスにおいても、万が一トラブルが起きた場合でも冷静に対応することができます。

5.合コンで幹事をすれば、仕切るのが上手になる

仕切るスキルを上げておくと、ビジネスなどでいろいろなイベントを行うときでも、難なく仕切ることができます。

仕切るのが上手だと、作業が円滑に進みますし、一緒に働いている人たちへの負担も少なくなるので身に付いているといいですよね^^

5.“ただマジメ”なだけじゃない

勉強だけでなく、遊びまで真剣になっている人が魅力的なのは、たくさんの壁を越えてきているから。

いつも全力投球の人は、就活にももちろん真剣に取り組むことができるので、
「どうやったらこの就活を成功に導けるだろう?」
…など、戦略を練ることができます。

また人の深みが出るので、面接官からも良い評価を得られるんです。
ビジネスにおいても、これまでの経験がさまざまなところで活かせるので、勉強だけでなく遊ぶことにも力を注ぐのがGood

それに遊びにも真剣な方が自分も相手も楽しいですよね^^

勉強も大事ですが、時には全力で遊んで楽しみ、気分転換するのも就活を成功させるカギになっているのかもしれませんね。

まとめ

"恋愛≒就活"と言われるポイントは2つ。

  1. "恋愛"と"就職"というイベントに向かっていく姿勢が大事だということ
  2. 恋愛で身につけたコミュニケーションスキルを活かして使うことができること

どちらも真剣に向き合うもので、準備も熱意も重要となるもの。
本質的なことが似ているから「恋愛は就活に似ている」と言われるんですね。

"恋愛≒就活"といわれる理由を紐解いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
この記事が、あなたの恋愛や就活に少しでも力になれると嬉しいです^^